2018/07/04 01:26


瀬戸内古都の丘ハーブについて

「すぐそばにハーブのある暮らし」をコンセプトに農薬を使わず摘み取りから乾燥まで全て手作業で丁寧に作られている国産の岡山県産ハーブのおいしさを全国にお届けしたいという思いで誕生しました。

岡山の東"古都の丘"で瀬戸内の温暖な気候のなか大切に育てたハーブです

"古都(こづ)"とは岡山市の中区と東区の一部を合わせた地域のこと。
3つの山々と2本の河川に囲まれた、豊かな自然の中に広がる広大な丘。
やわらかなの光あふれる春先から、夕風がひんやりとしてくるまでこの丘で約150種のハーブを育てています。
瀬戸内のこの地は晴れの日が多く、太陽の光もたっぷり。自然の恵みをいっぱいに受けてのびのびと育ったハーブは味も香りも格別です。